ポンプで省エネのエキスパート

エコアドバイザーが徹底サポートEco adviser

エコアドバイザーロゴ トリシマからお客様の元へうかがう営業スタッフは、
すべて当社の社内資格である「ポンプdeエコアドバイザー」の資格保持者。

ポンプによる省エネの考え方はもちろん実習では、現場でのポンプの流量・圧力・電力を測定し、データ分析。現状把握と省エネ提案、そしてトラブルの際の原因の見極め方からメンテナンスまで、高い専門知識と技術を身につけています。

現在、電力の見える化を行っている会社は増えていますが、ポンプにおいては最適な設備仕様の選定が難しく、根本的な省エネに踏み込めないことが多いのが現実です。これは、設備側で必要な水量/圧力や配管損失などの計算が一般的に難解だからです。また、長く使われているポンプは、配管やポンプ本体の経年劣化により、想定とまったく違う場所で運転していることもあります。

こういった状況の判断は、計算だけでなく、数多くの現場での経験がないと困難です。そのため、豊富な経験から的確な判断をくだせるエコアドバイザーが設備状況を測定・分析し、もっとも適切であると考えるポンプ設備を提案。現在トリシマでは、約180名のエコアドバイザーが全国各地で活躍しています。

また、トリシマにお問い合わせいただくお客様も省エネ意識が高い方が増え「すでにインバーターを設置しました」「高効率モータに取り替えました」と、自社で省エネを実施し、ポンプ設備の省エネはもうできていると思われている場合も多くあります。
そういったお客様の場合でもポンプの専門家、エコアドバイザーがポンプ設備を診断させていただくと、まだまだ省エネができる!という例があります。
省エネ対策を実施済みのお客様の場合もお気軽にご相談ください。

▲ページの先頭に戻る